女性ホルモンで知っておきたい最低限な知識

女性ホルモンとは?

女性に特有の身体的な特徴があります。例えば柔らかい身体つきであるとか、生理とかです。妊娠するために身体のリズムを調整しているホルモンが女性ホルモンです。女性ホルモンが多いと恋愛をしたくなるのです。女性ホルモンには(1)卵胞ホルモンの「エストロゲン」と(2)黄体ホルモンの「プロゲステロン」があります。

美人ホルモンとも呼ばれるのが「エストロゲン」です。美肌を作ってくれたり丸みのあるセクシーなカーブを持ったバストラインやヒップラインをキープすることに欠かせません。もちろん男性はこういったカーブを強調したラインがとても好きですから恋愛とは切っても切れないですから恋愛と恋愛ホルモンの密着性がご理解いただけるでしょう。

「プロゲステロン」の方は生理前に多く分泌される女性ホルモンです。別名「おブスホルモン」とか「おデブホルモン」とか言われて嫌われてしまいがちなホルモンです。食欲を増進させたり、肩こりやむくみの症状を引きおこすからです。

こういったことから、どうしても恋愛ホルモンは「エストロゲン」に注目されています。最近ではエストロゲンを増やしてくれるサプリメントも人気になっています。実際には女性の身体の中で「エストロゲン」を作る場合は「プロゲステロン」も必要になります。

二つの女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと身体にも悪影響を及ぼします。女性が綺麗であることをキープするには女性ホルモンを増やすことだけではないのです。減少することを防ぐことによってバランスを整えることも大切だと言われています。

女性ホルモンは何歳ぐらいから減少してくるのでしょうか?

女性ホルモンが分泌されるピークは一般的に30歳代になります。30歳代の前半を過ぎてくると早い人は閉経が近づいてきます。それにつれて卵巣の機能は低下傾向になってきます。卵巣で生み出されている女性ホルモンの量も次第に少なくなってくるのです。

女性ホルモンの分泌量がすくなくなれば「弛み」「シワ」「しみ」と言った皮膚の衰えが顕著になってきます。それだけでなく「更年期障害」の症状もでてきます。ストレスが多くなってきている現代社会では女性ホルモンが減少してしまう二十歳代でも更年期のような症状がでてくることもあります。

いかがでしたでしょうか?

恋愛をすると女性ホルモンが増えるという学説もあります。実際には恋愛をして増えるのは女性ホルモンではなくて脳内物質や別のホルモンです。女性ホルモンは健康維持や出産には不可欠です。恋愛をしていなくても卵巣は女性ホルモンを分泌します。直接恋愛が女性ホルモンを増やすことはないと行っても身体全体には良い影響を及ぼしてくれます。