恋愛ホルモンのドーパミンやエストロゲンこそ女性パワーの源かも!?

女性が綺麗になると良く言われることがあります。それは恋愛をしているからです。恋愛すると気分が高揚します。

メンタル的にメリットがあるだけではなくて健康に対しても大きなプラスな影響があります。では恋愛することで身体にどういった影響がでてくるのでしょうか?

恋愛ホルモンとは

脳下垂体後葉から分泌されるホルモンのことです。恋愛をすると「PEA」「エストロゲン」「ドーパミン」「オキシトシン」などのホルモンを分泌します。これらが恋愛ホルモンと呼ばれるものです。では、それぞれどういったものなのでしょうか?

PEA

人間が恋に落ちてしまうと胸がときめきますが、それは脳内でPEAと呼ばれるホルモンの濃度が上昇するからです。脳が快感をしめして好きない異性を見たり考えたりすることで興奮状態になるのです。PEAが分泌された場合は人間の感覚は通常時よりも敏感になっています。ですがPEAの分泌は永遠に続くことはありません。3年すれば次第に少なくなってきます。

エストロゲン

恋愛ホルモンでもっとも強力なパワーを持つのがエストロゲンです。性ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは身体に変化を起こしてくれます。例えばバストを大きくする働きがあります。一般的な女性のスタイルはバストが発達してウエストがくびれるS字ラインになります。肉体的にも異性にアピールする身体になるだけでなく精神的にも意欲が高まり積極性がでてきます。

ドーパミン

脳内物質で有名なドーパミン。大量にドーパミンが分泌されると男性と女性が相互に深く惹かれるようになります。爽快感を感じるのがドーパミンの特徴です。ですがドーパミンが過剰に分泌されるとリスクもあります。食欲減退したり身体が震えてしまったりすることもあります。また、幻聴・幻覚症状がおきることもあるのです。
オキシトシン

気になる人や好きな人との親密度がアップしたときや性行為をするときに大量に分泌されるホルモンがオキシトシンです。ストレスが消えて幸福感を得られます。肉体的には心臓の機能が良くなったり血圧の上昇を抑えたりする効果が期待できます。

恋愛ホルモンに関連する情報

別の特別ページで詳細に説明します。
女性ホルモンで知っておきたい最低限な知識
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)について説明します。エストロゲンは美人ホルモンとも呼ばれています。セクシーなカーブをもった女性らしい身体にしてくれるまさに恋愛ホルモンの代表格と行っていいでしょう。女性ホルモンのピーク時期や影響についても説明しています。

女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンを増やすには食べ物を摂取することが有効です。また女性ホルモンの分泌量を低下させない方法についてもアドバイスしています。簡単にできる方法からトライしてみてはどうでしょうか?湯船にゆっくりつかったり腹式呼吸をしたりリラックスする方法が有効です。

感情のコントロールと女性ホルモンの分泌量

無理に恋愛しようとしてもストレスが溜まるだけです。感情のコントロールによってエストロゲンの分泌は盛んになります。また女性ホルモンを減らしてしまう生活習慣についてもまとめています。喫煙・睡眠不足・冷えなどです。女子力をアップさせるためにも規則正しい生活をすることが大切です。

恋愛系と呼ばれるホルモン

テストステロン・エストロゲン・ドーパミン・エンドルフィンなどの恋愛ホルモンをご紹介しています。

いかがでしたでしょうか?

恋愛ホルモンについての色々な情報をご覧いただけると思います。是非ご覧ください。